指名が続かないキャバ嬢必見!指名が続かない理由

デキるキャバ嬢になるコツ 初めてでもカンタン♪

キャバ嬢のお仕事は、指名を取ってなんぼの世界です。指名が続かなければ給料も上がらず、キャバ嬢を続ける意味があるのかどうか悩んでしまったり……。全く指名が無いわけではないけれど、なかなか指名が続かないというキャバ嬢も多いのではないでしょうか?
場内指名は入るのに本指名にならない、1~2回は指名されるけれど次に続かない等、指名が続かないのは何故なのでしょうか?指名が続かないのには、理由があるのです。

指名が続かない理由

指名を続けるには日々の努力が欠かせません。たくさんの指名を抱える売れっ子キャバ嬢はそれだけの努力をしているのです。次のことに心当たりがあったら、改善する努力をしてみましょう。

・お客様のことを覚えていない、関心がない
どんなにニコニコとその場を取り繕っても、お客様のことを覚えていなかったらお客様は良い気はしません。話も弾まず、内容の薄い会話となってしまいます。自分のことを想っていないキャバ嬢に対して愛着も愛情も湧きませんから、当然指名は続きません。そのお客様をよく観察すると、きっとお客様の良いところや面白いところが見えてくるはずです。お客様をよく観察して、関心を持つようにしましょう。そうすれば、次指名をしてくれたときに楽しく接客ができるはずです。

・お客様への対応や接客が雑、適当
売れているキャバ嬢の中には、お客様を適当に扱っている風な接客をしているキャバ嬢がいます。しかし、それはそのキャバ嬢とお客様の間に特別な信頼関係があるから成立していることです。そこを履き違えて、お客様を適当に扱う風な接客をしても、当然指名は取れません。信頼関係の出来上がっていないお客様に雑で適当な接客をしたら、お客様に不快感を与えてしまう場合がほとんどです。どんなお客様も、指名を取るためには信頼関係を築くことが必要です。信頼関係が築けるまでは丁寧な接客を心がけましょう。

・自分の事ばかりしゃべっている
人の話を聞くのは、自分の話をする以上に体力を使います。相手の話に耳を傾け、相手に合わせたタイミングで反応をし、話にあったアドバイスや感想などの返答をしなければなりません。せっかくお金を払ってキャバクラにいくのに、ずっとキャバ嬢ばかりしゃべっていたらお客様は疲れてしまいます。お客様を楽しませるつもりでしゃべり続けてしまうキャバ嬢もいますが、お客様は実は退屈しているかもしれません。ずっとしゃべり続けていないでお客様の話を引き出すようなトーク術を身に着けましょう。

・お客様の好き嫌い、選り好みが激しい
お客様の好き嫌いが激しいのは、仕事の幅を狭めてしまいます。嫌なお客様の接客はおざなりになっていませんか?キャバクラはいろいろなタイプのお客様が来るものです。自分と相性の合わないお客様が来るのは当たり前ですので、いろいろなお客様に対応できる接客術を身につけましょう。また、嫌なタイプのお客様でも良い面や面白い面をみつけることができれば、そのお客様を好きになれるかもしれません。ちょっとお客様の見方を変えてみましょう。

コラム3.キャバ嬢 レベルアップ術

  1. 指名を増やす!?可愛く素敵にドレスを着こなすには?
  2. ドレス選びであなたが変わる!魅力を引き出す衣装の選び方
  3. かわいく自撮り写真を撮る方法
  4. 美味しいお酒で指名アップ!-その1-
  5. 美味しいお酒で指名アップ!-その2-
  6. 絶対やるべき!顧客管理
  7. 顧客管理で売り上げアップ
  8. 指名を増やす自己紹介
  9. 上手にプレゼントを貰うおねだりテクニック
  10. ナンバーワンの共通点―キレイに見える座り方
  11. お客様の気持ちを知る!男性がキャバクラに行く理由
  12. 色気とは
  13. 指名が長続きしない理由
  14. 足の組み方で見せる美人イメージ
  15. 会話力を上げるための語彙力
  16. 誕生日や昇進祝い、お客様にどんなプレゼントを選べばよい?
  17. お客様が喜んでくれるプレゼント10選
  18. お客様の心を掴む雰囲気美人
  19. 指名数を上げる聞く力をアップさせる5つのポイント
  20. 同伴・アフター太りに気をつけよう
  21. お客様の記憶に残る匂いの印象
  22. タメ口と敬語の使い分け方
  23. 売上げアップに重要なドリンク
  24. ぶりっ子はお客様にモテる?モテない?
  25. 指名が続かないキャバ嬢必見!指名が続かない理由
  26. キャバ嬢のためのSNSの使い方
  27. キャバ嬢の嘘を本当にする魔法の言葉
  28. 姉キャバ嬢・熟女キャバ嬢必見!年齢のサバ読みは悪いことではない。
  29. お客様から大切にされる育ちの良さそうなキャバ嬢
  30. 笑顔で接客するための待機時間の使い方