美味しいお酒で指名アップ!-その2-

デキるキャバ嬢になるコツ 初めてでもカンタン♪

美味しい水割りの作り方に続いて、今回は美味しいオン・ザ・ロックの作り方をご紹介します。オン・ザ・ロックは、水割りよりアルコール度数が高くなりますので、悪酔いしないようにミネラルウォーターをチェイサーとしてお付けしましょう。


<美味しいオン・ザ・ロックの作り方>
ロックは水やソーダで割らずに、氷のみでお酒の味を楽しみます。タンブラーグラスよりも背の低いロックグラスを使用します。
①飲むお酒を確認します。
②ハンカチをコースターにしてグラスをとり、大きめの氷(できればロック用の氷)を入れます。

③お酒をグラスの3分の2程入れてマドラーでかき混ぜ、お酒をなじませます。
④お酒が出来上がったら、ハンカチでグラスを拭き、お客様のコースターに両手を添えてそっと置きます。
⑤強いお酒になりますのでチェイサー(水)を一緒に差し上げてください。


ポイント1-大きめの氷が好ましい
お酒の味をしっかり楽しみたいので、氷が溶けてお酒が薄まらないようにすることがポイントです。ロックアイスがあればベストですが、用意がない場合はグラスを良く冷やし、できるだけ固くて大きめの氷で作りましょう。(小さな氷をグラスいっぱいに入れるのはミストという飲み方になります。)


<番外編>
キャバクラでは水割りかロックでお出しすることが定番ですが、他の飲み方お希望されるお客様もいらっしゃいます。


・ミスト
ミストは、ロック同様に水など割りものを加えず、細かなクラッシュドアイスを使用します。大きな氷を使用するロックはお酒の味をゆっくり楽しみますが、ミストは清涼感を味わいます。


・ストレート
お酒に水などの割りものも氷も何も加えず、常温でそのままいただくものをストレートと言います。
ロックグラスかショットグラスにお酒を注ぎ、そのままお客様にお出しします。チェイサーも添えてさし上げましょう。


・お湯割り
お湯の準備が必要になるのでスタッフに声をかけ準備してもらいましょう。


この辺りの注文になるとお湯や氷の準備が必要になるのでキャストが席で作るよりはスタッフに注文するようになる場合もあります。対応の仕方はお店によって違うので確認しておきましょう。


お酒のつぎ足し方
グラスの中身が半分くらいになったら、お酒をつぎ足しましょう。お客様に許可をとる必要はありませんので、お酒が減ったら何も言わずにグラスを取ります。
グラスについた水滴をふき取り、水割りもロックも作るときの要領で氷・酒・水の順に足していき、作り終えたらそっとお客様に差し出します。
お酒の種類を変えるときは新しいグラスで作り直しましょう。
つぎ足しのタイミング以外にも、グラスに水滴がついたらさりげなく拭いてさし上げます。


キャバクラのメインは‘女の子’ですが、お酒にも大切な役割があります。お客様が心地よく過ごすために、美味しいお酒を作ってさし上げましょう。
お酒の味が分かるお客様、物の良し悪しが分かるお客様なら、丁寧に作ったお酒の味の違いにきっと気付くはずです。味の記憶は残ります。そして、丁寧にお酒を作る仕草も女性的で美しいものです。美味しいお酒を作って、他のキャストとは違う、あなたの印象を残しましょう。

コラム3.キャバ嬢 レベルアップ術

  1. 指名を増やす!?可愛く素敵にドレスを着こなすには?
  2. ドレス選びであなたが変わる!魅力を引き出す衣装の選び方
  3. かわいく自撮り写真を撮る方法
  4. 美味しいお酒で指名アップ!-その1-
  5. 美味しいお酒で指名アップ!-その2-
  6. 絶対やるべき!顧客管理
  7. 顧客管理で売り上げアップ
  8. 指名を増やす自己紹介
  9. 上手にプレゼントを貰うおねだりテクニック
  10. ナンバーワンの共通点―キレイに見える座り方
  11. お客様の気持ちを知る!男性がキャバクラに行く理由
  12. 色気とは
  13. 指名が長続きしない理由
  14. 足の組み方で見せる美人イメージ
  15. 会話力を上げるための語彙力
  16. 誕生日や昇進祝い、お客様にどんなプレゼントを選べばよい?
  17. お客様が喜んでくれるプレゼント10選
  18. お客様の心を掴む雰囲気美人
  19. 指名数を上げる聞く力をアップさせる5つのポイント
  20. 同伴・アフター太りに気をつけよう
  21. お客様の記憶に残る匂いの印象
  22. タメ口と敬語の使い分け方
  23. 売上げアップに重要なドリンク
  24. ぶりっ子はお客様にモテる?モテない?
  25. 指名が続かないキャバ嬢必見!指名が続かない理由
  26. キャバ嬢のためのSNSの使い方
  27. キャバ嬢の嘘を本当にする魔法の言葉
  28. 姉キャバ嬢・熟女キャバ嬢必見!年齢のサバ読みは悪いことではない。
  29. お客様から大切にされる育ちの良さそうなキャバ嬢
  30. 笑顔で接客するための待機時間の使い方