モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢必須アイテム

コラム4.キャバ嬢 必須アイテム

コラムトップ4

 

20.キャバ嬢を悩ませる化粧崩れの原因


出勤前には念入りにメイクアップをして完璧な状態でお店に入っても、接客中に化粧が崩れてしまって「もう帰りたい!」なんて思ったことはありませんか?化粧が崩れるとメイクが気になって接客に集中できなくなったり、お客様の印象も下がったりしてしまいます。化粧崩れはキャバ嬢の大敵です。出来ればメイクをした直後のベストの状態を保ちたいものですが、何故かメイクは崩れていってしまいます。少しでもメイクをキレイに保つために、どうやって化粧が崩れてしまうのか化粧崩れの原因を見てみましょう。


◎ 化粧崩れの原因
化粧崩れには以下のような原因があります。

《肌状態の変化による原因》
・店内の乾燥から肌を守るための過剰な皮脂分泌
・ホコリやタバコの刺激から肌を守るための過剰な皮脂分泌
・深夜帯の肌への負担


《外的要因による原因》
・ホコリやタバコによる涙
・手でメイクを押さえてしまう、拭ってしまう
・髪や洋服が顔に触れてメイクが取れてしまう
・手を顔に当てる癖や行動

化粧崩れの原因は、お肌の状態の変化によってメイクが崩れてしまう場合と、髪や手や洋服などで擦ってしまいメイクが取れてしまう場合があります。お肌の状態の変化については乾燥とテカリで悩むキャバ嬢は多いようです。夏は冷房、冬は暖房がガンガンに効いたキャバクラの店内はとても乾燥しているので、肌は乾燥した外気から身を守るために皮脂を分泌させます。また、キャバクラの店内に舞うホコリやタバコの煙なども肌を刺激するので、刺激から肌を守るために更に皮脂を分泌させてしまいます。更に、深夜という時間帯が肌に負担をかけてしまうことも考えられ、キャバクラには肌に良くない環境が揃っています。そんな中で一生懸命接客をしていると汗をかいてしまい、余分な皮脂と汗が化粧を浮かせて滲ませて、化粧を崩してしまいます。ホコリや煙が目への刺激となって涙が出やすくなるキャバ嬢も多く、涙で化粧が崩れてしまうこともあります。そして、こうして崩れてしまったメイクが気になり、手でぬぐって更にメイクが取れてしまうのです。意識していなくてもお客様との会話の途中に自然と手や髪や洋服が顔に触れてしまうこともあります。


◎ キャバクラで化粧崩れを防ぐためにすべきこと
こうした環境をみると、キャバクラには化粧崩れを起こす原因ばかりで、化粧崩れは仕方の無いことのように思えてしまいます。店内は薄暗いし、お客様はお酒を飲んで酔っ払っているし、もう化粧崩れなんてどうでもよく思えてしまいそうです。でも、やっぱり見ている人はちゃんと見ています。閉店ギリギリの時間に来店するシラフのお客様には、化粧崩れの顔がバッチリ目に焼きついてしまいます。薄暗い店内だからこそ、化粧崩れで余計に影が強調されて老けた印象になってしまうこともあります。キャバ嬢なら、メイクをキレイに保つことも仕事の一つとして化粧崩れを防ぐことを諦めないでください。

キャバクラは肌に刺激をあたえやすい環境にあり、そこを変えることは難しいことです。ならば、刺激に強い肌作りに力を入れましょう。日ごろのスキンケアで肌の基盤を作り、メイクで刺激から肌を守ります。メイクは方法を間違えると肌に負担を与えてしまいますが、正しい手順で行うと刺激から肌を守ってくれます。正しいスキンケアとメイクを身につけて化粧崩れを防ぎましょう。


コラム4:必須アイテム



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP