モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢レベルアップ術

コラム3.キャバ嬢 レベルアップ術

コラムトップ3

 

4.美味しいお酒で指名アップ!-その1-


あなたはどのようにお酒を作っていますか?グラスに氷・お酒・水を入れて一気にマドラーでかき混ぜてしまえば、30秒でも簡単にお酒が作れてしまいます。でも、ちょっと手間をかけて丁寧に作ると、香りも、まろやかさも一段とアップします。安いハウスボトルでも他の女の子が作るお酒とは一味違う仕上がりになるのです。美味しいお酒があるあと会話も弾み、場の雰囲気を和ませてくれます。丁寧にお酒を作る仕草さはお客様にも良い印象を与えることができ、他の女の子と差をつけることができます。美味しいお酒でお客様の心をわしづかみしてしまいましょう!


◎ 美味しいお酒の作り方?
美味しいお酒を作るには少し手間と時間がかかりますが、お酒を作る事だけに集中してしまわないように、お客様と笑顔で会話をしながら手元でサラッとお酒を作るようにしましょう。一言「ちょっと時間がかかりますけど、美味しいお酒を作りますからね♪」なんて、添えてもいいかもしれません。


<美味しい水割りの作り方>
お酒を水で割る飲み方です。お茶割りやソーダ割りも同じ要領で作ります。
水割りは8~10オンスのタンブラーグラスを使用します。
① 飲むお酒を確認します。
② ハンカチをコースターにしてグラスをとり、氷を入れます。
③ 氷をグラスいっぱいに入れたらマドラーで素早くかき混ぜ、グラスを冷やします。
④ 適量の酒を注ぎ入れ、マドラーでかき混ぜ、酒をなじませます。氷が減ったら足します。
⑤ 水を加え、マドラーでかき混ぜて酒と水をなじませます。
⑥ お酒が出来上がったら、ハンカチでグラスの水滴を拭き、お客様のコースターに両手を添えてそっと置きます。


ポイント1-お酒の量
注ぐお酒の量は、氷を入れたグラスの3分の1くらいが目安になります。お酒の量はお客様の体調や好みに合わせて作りましょう。
ワンフィンガー・ツーフィンガーとシングル・ダブルいう計り方もあります。その名の通り、ワンフィンガーはグラスの下から指1本分、ツーフィンガーは指2本分くらいの量です。シングル、ダブルというのは、シングル1オンス(約30ml)、ダブルは2オンス(約60ml)です。厳密に言うと、ワンフィンガー、ツーフィンガーとシングル、ダブルの計量は違いますが、キャバクラではきっちり計量することはできませんので、大体の目安でシングル=ワンフィンガー、ダブル=ツーフィンガーになります。


ポイント2-グラスを冷やす
アルコールに水を注ぐと化学反応により「稀釈熱」が発生します。稀釈熱によりグラス内の温度が2~3℃上昇してしまうのですが、温度が上昇すると氷が溶けやすくなりお酒がすぐに薄まってしまいます。水割りの味を長く保つためにはグラス内の温度を低く保つことがポイントとなります。この稀釈熱を下げるために何度も氷をかき混ぜてグラスをよく冷やしておくのです。


ポイント3-香りと味を良くする
上記の美味しい水割りの作り方をみると、何度もマドラーでかき混ぜる場面があります。少し手間がかかりますが、グラスを冷やし、割りものとお酒をよくなじませるために必要で、混ぜ方でお酒の味が変わるとも言われています。お酒の香りを引き立て、味をまろやかにするのには手順⑤で13回転半回すのが程良いと言われています。このくらい回すとグラスにうっすらと霜がつくくらいに冷えて、お酒のキリッとした味わいが楽しめます。


以上が美味しい水割りの作り方です。
美味しいお酒で指名アップ!-その2-」では、美味しいオン・ザ・ロックの作り方をご紹介します。


コラム3:レベルアップ術



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP