モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢レベルアップ術

コラム3.キャバ嬢 レベルアップ術

コラムトップ3

 

27.キャバ嬢の嘘を本当にする魔法の言葉


「本当ですよ~!」というフレーズ。いい加減、言い飽きたよというキャバ嬢は多いのではないでしょうか?
(お客様)「それ本当?」(キャバ嬢)「本当ですよ~!」というのが、キャバクラお決まりのやり取りになっています。実は、この「本当ですよ~!」がキャバ嬢にとって必要不可欠なフレーズだということに気付いていましたか?


◎ 疑ってかかってくるお客様
お客様は、キャバ嬢は嘘をつくものと思っています。まんまと騙されてお金だけ取られるのは真っ平御免、騙されたくないと思うのがお客様の心情です。騙されたくないので、いろいろ疑ってかかります。そのため、(お客様)「それ本当?」(キャバ嬢)「本当ですよ~!」というやり取りが飽きるほど繰り返されるのです。


◎ キャバ嬢は嘘が多い?
源氏名や年齢のサバ読み、本来の性格とは真逆のお客様好みの天然キャラや癒し系キャラ。そして、派手に盛ったメイクや衣装。素とは違う、作り上げた自分を売り込むのがキャバ嬢の仕事です。
さすがに名前は源氏名と分かるので、堂々と「源氏名です。」と言えます。でも、年齢、彼氏の有無や男性の好みのタイプ、職業、出身校、家族のこと、住んでいる場所などはお客様用に設定することがあります。自分の全てについて本当のことを言っていたら、さまざまなお客様に対応できませんし、ストーカー被害のようなトラブルを招く事もあります。
いろいろなお客様と楽しく過ごして、ストーカーなどから身を守るには、ある程度事実と異なることを伝えるのは仕方がないことでもあるのです。


◎ キャバ嬢に必要不可欠な「本当ですよ~!」というフレーズ
ここで何度も出てくる(お客様)「それ本当?」(キャバ嬢)「本当ですよ~!」というやり取り。この「本当ですよ~!」はキャバ嬢にとって、無くてはならない大切なフレーズです。

例えば、(お客様)「彼氏いるの?」(キャバ嬢)「彼氏いますよ!」なんて言ったら、女の子を口説きたいお客様は目的を失ってしまいます。彼氏持ちのキャバ嬢を次も指名しようとは思わないので、指名のチャンスが閉ざされてしまうのです。
だから、(お客様)「彼氏いるの?」と聞かれたら、(キャバ嬢)「いませんよ!」(お客様)「それ本当?」(キャバ嬢)「本当ですよ~!」と流れるのが正解となります。

たとえ彼氏がいても、お客様の前では彼氏がいないことが本当でなくてはなりません。実は彼氏がいるということがばれたら、仕事にならないからです。
お客様も「でも、本当は彼氏いるんでしょ!」と分かっていても、この(お客様)「それ本当?」(キャバ嬢)「本当ですよ~!」のやり取りを楽しみに思っていることもあります。
(お客様)「彼氏いるの?」(キャバ嬢)「いますよ!」なんて、バッサリ言い切ったらそこで終わりですが、(お客様)「それ本当?」(キャバ嬢)「本当ですよ~!」(お客様)「本当に?本当?」(キャバ嬢)「本当に、本当ですってば!」なんていう風に、会話のキャッチボールとして楽しむこともあるのです。そして、「ここまで彼氏がいないと言い切るのだから、脈があるかもしれないぞ!」とお客様に期待を持たせることが出来ます。

事実がどうであれ、「本当ですよ~!」というフレーズはお客様の夢を繋ぐ魔法の言葉となるのです。


◎ 姉キャバ嬢、熟女キャバクラ嬢にとっても大切な「本当ですよ~!」
姉キャバ嬢や熟女キャバクラ嬢になると、嘘の数も1つや2つでは済まなくなってきます。「本当ですよ~!」を言い疲れて、もう全ての嘘を明かしてしまおうと思う方も出てくるようです。でも、ちょっと待ってください!やっぱり、そこはキャバクラで、お客様は姉キャバ嬢、熟女キャバクラ嬢との楽しい夢を見たいのです。お客様のために「本当ですよ~!」と言ってあげてください。嘘だと分かっていながらも「本当ですよ~!」の言葉で、お客様はキャバ嬢にのめり込んでいけるのです。


コラム3:レベルアップ術