モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢営業マニュアル

コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル

コラムトップ2

 

23.細客を太客に変える方法


来店数が少ないお客様やあまりお金を使わない単価の安いお客様を“細客”、来店頻度が多いお客様や大金を使ってくれるお客様を“太客”と言います。細客も太客も同じく大切なお客様ですが、たくさんお金を使ってくれる太客が多い方が良いに決まっていますよね。今回は、太客を増やしたいという方のために、細客を太客に変える方法をご紹介します。


◎ 太客と細客の特徴
本気でキャバ嬢に惚れてしまえば、いくらでも大金を叩いてくれるという太客もいますが、いくら金持ちでも太客になってくれるとは限りません。まずは、どんな人が太客になりやすいか、細客になりやすいか、太客と細客の特徴をご紹介します。


<太客の特徴>
・とにかくキャバ嬢に惚れている、入れ込んでいる
・遊びなれているお金持ち
・社長や重役クラスの方

太客は、大きく分けると「お金がなくても惚れているキャバ嬢にとにかく貢ぐ」というタイプと、「遊ぶ余裕のあるお金持ち」タイプの2つにわかれます。


<細客の特徴>
・だれでも良いから女の子と話したい、遊びたいからキャバクラに通う
・キャバクラには仕事の付き合い、友達の付き合い程度
・体の関係だけが目当て
・お金がない
・家が遠い
・時間がない

好みのキャバ嬢がいてもお金がなくて「キャバクラに行きたくても行けない」という細客もいますが、「お金はあるが他にも使いたい」「キャバクラにそこまでの目的がない」「お金の自由が利かない」などで、キャバクラでのお金の使い方をセーブしているお客様が多いようです。


◎ 細客を太客に変えるには?
お客様の経済事情をキャバ嬢が変えることはできませんが、お金の使い方を変えさせることはキャバ嬢にもできます。皆、無駄なものにお金をかけたいとは思いませんが、必要なものにはお金を出すものです。ですから、お客様にとってキャバ嬢が必要な存在であれば、キャバ嬢にお金を使うことが苦ではなくなります。


◎ お客様にとって特別な存在になる
キャバクラにはキレイでコミュニケーション能力の高い女性が大勢います。自分よりレベルの高いキャバ嬢は何万といるでしょう。そんな中でもお客様にとって特別な存在になるためにはどうしたらよいのでしょうか?キャバ嬢になると男性を虜にする様々な術を身に付けますが、そうしたテクニックだけあっても上手くいくものではありません。皆同じようなテクニックを使っていると、個性がなく、特別な存在になれません。では、どうしたらよいかというと、それはお客様一人一人が何を求めているかをよく考えることです。
誰でも、自分を知ってもらって、認めてもらうと嬉しいものです。お客様のうわべの部分ではなく、内面を知るように観察し、求めているものを提供できれば、お客様にとって特別な存在になることができるしょう。お客様を良く知るためにお勧すすめなのが顧客管理です。
顧客管理を面倒くさがってしまう方もいますが、お客様の情報や来店記録などを管理していくとお客様の求めているものが見えやすくなり接客がしやすくなります。細客を太客に変えるためだけではなく、新規の指名を取るためにも役立ちますので是非顧客管理を行うようにしましょう。


◎ 細客を全員、太客にすることはできる?
どんなに有能なキャバ嬢でも、全てのお客様を太客に変えることは不可能なことです。お客様との相性やお客様自身の性格がありますし、本当にお金がない中でなけなしのお金を叩いて来店してくれるという細客もいます。こういった細客を無理に太客に変えようとするのは逆に指名を失うことになりますので、顧客管理をつけながらどのお客様なら太客になりそうか、狙いを定めましょう。


コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP