モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢になるために

コラム1.まず最初に ~キャバ嬢になるために~

コラムトップ1

 

34.身バレ対策はキャバ嬢求人の最初が肝心!


キャバ嬢として働きたいけど「身バレ」、いわゆる家族、彼氏や知人などに「キャバクラで働いていることがバレたら困る!」という声をよく聞きます。以前に比べると、キャバ嬢が雑誌で特集されたりテレビに出演することもあってイメージが良くなり、親や彼氏に理解してもらって働いているキャバ嬢ももちろんいますが、やっぱり周囲には内緒にして働きたいという方も多いのではないでしょうか?


では、実際に身バレしないで働いているキャバ嬢は求人の際にどんなことを実践しているのでしょうか。身バレしないように安心して働くためのポイントを見てみましょう。


◎ アリバイ会社があるか確認
お店によっては一般の会社をよそおってくれるアリバイ会社のシステムを取り入れており、アリバイ専用の電話回線があります。アリバイ会社の有無はキャバ嬢求人情報に記載されている場合もありますが、利用には料金がかかる場合もあるので事前に確認しましょう。


◎ お店のホームページや店看板に顔出し写真が必要か確認
写真の顔出しをしなくてもOKのお店もありますが、ホームページや店看板などで写真の顔出しが必要なお店もあります。その場合は、ウイッグをつけて普段と髪型やメイクを変えたり、フェイスラインや目の形を加工してもらって「似ている人がいる」レベルの写真にしてもらいましょう。


◎ 送迎システムがあるか確認
住んでいる地域や使用する電車・バスの路線を避けて働くだけでも、身バレの可能性は低くなります。大体のお店で送迎システムがあるので、自分の住んでいる場所が送迎可能か求人応募の際に確認しましょう。そして、疲れた時はちょっと辛いかもしれませんが、送迎を目撃されて困る場合は自宅から離れた場所で降ろしてもらいましょう。


◎ 仕事中にプライベートの話はしない
お店では源氏名を使用して、住んでいる場所にまつわる話などプライベートなことは話さないようにしましょう。学校名やよく行くお店、好きな場所などから身バレしてしまう可能性もあります。また、お店のスタッフや他のキャバ嬢からお客様に情報がもれてしまうこともあるので、休憩中や送迎の際も個人情報を話しすぎないように気をつけましょう。


◎ SNS、インスタグラム、ツイッターなどで仕事の話をしない
プライベートのSNSなどで、仕事の話はしない。お店やお客様のグチを言っていたら、どこかで情報が繋がって身バレした時に、親(彼氏、友達)とお客様の両方にバレてと困った状況になってしまいます。キャバ嬢として、SNSやインスタグラムなどを利用する際は反対に個人情報が見えないようにして、写真はどこにいるのかわからないように背景にも気をつかいましょう。SNSはお客様へのアピールの一つとして売り上げアップにもつながりますので、上手に使いましょう。


このように、身バレをしないためには自分自身で気を付けることと、求人しているお店がどこまで対策してくれるかも肝心です。なので、面接の時に事前に確認しましょう。


コラム1:キャバ嬢になるために