モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » プライベート編

コラム5.プライベート編

コラムトップ5

 

2.周囲にバレないように働きたい


キャバクラは憧れの職業ではあるけれど、実際は親・彼氏・友達には言いづらい…、という女の子が大半です。会社や旦那に絶対にバレたら困るという子もいると思います。


◎ 周囲に言いたくない
世の中には、キャバクラに良くないイメージを持つ人もいます。危険はないの?と心配してくれる人もいます。そう言った人たちの反応の対処が困る場合、あまり言いたくないなと思うのではないでしょうか。だからと言って嘘をつくのも気が引けますね。そんな時は「飲み屋で働いている。」「接客業をしている。」という言い方があります。
派手なファッションを生かせるアパレルやネイルなど美容系の受付、服装が自由なパチンコ店で働いていると言う子もいます。
キャバクラだけでなく、職業を言いたくない場合があるという人は他にも沢山います。警察官や裁判官も気安く人には言えないものですし、あまりにも専門的な職種だと話が通じないので人に話すのが面倒、など。
突っ込んで聞かれないように、すぐに話を別の話題に切り替えましょう。相手の仕事の質問をしたり、関係ない話題にすり替えて上手くかわしましょう。


◎ バレないためにするべき事
周囲にはバレたくないけど、やむを得ない事情でキャバクラで働いている女の子も多いと思います。行き当たりばったりではどこかでボロが出てしまうので、内緒で働くなら覚悟を決めて、徹底してバレない努力をしましょう。


① お店に相談
内緒で働きたいという女の子の事を考えて、細かく相談に乗ってくるお店もあります。
お店によっては「アリバイ会社」を設けて会社名義でお給料を出してくれたり、ちゃんとした会社で働いているような証明書を出してくれます。できるだけ協力的なお店を選びましょう。

② 勤務条件を考える
無理のない時間で働けるお店が良いでしょう。また、家族や彼氏が忙しい時間を狙います。朝キャバや昼キャバなら無理のない時間で働けるので、学生さんや主婦にも人気があります。
場所選びも重要です。家族や彼氏の行動範囲外で選ぶことも大切ですが、家族や彼氏の友人、そのまた友人と、関係の薄い人からの目撃情報でバレてしまうというケースもあります。お店への出入りも注意しましょう。

③ 臭いに気をつける
煙草やお酒の臭い、店内の女の子の香水の匂いにも注意が必要です。その場にいると自分では気が付きにくいものですが、臭いは残ります。いつもと違う臭いで違和感をもたれてしまうことがあるので気をつけましょう。
また、洋服についた臭いがクローゼットや部屋に移ってしまう事もあるので、洗濯やクリーニングはこまめに行いましょう。

④ お仕事アイテムは持ち帰らない
煙草を吸わない子がライターを持っていたり、名刺などの持ち物からバレてしまうパターンがあります。「友達の物だよ。」という言い訳は何度も通じません。一度疑いがかけられてしまうと疑惑は深まってしまうので、余計な疑惑を持ち込まないようにしましょう。
また、携帯も要注意です。メールの内容、履歴など、中身を見られないようにロックをかけたり、携帯を使い分けましょう。

⑤ 見た目や行動を変えない
華やかなキャバクラの世界にいると、少しずつメイクや持ち物にも変化が出てきてしまうかもしれません。その変化はきっと周囲も気になります。今までのファッションや趣味を忘れずに、自分を変えないことが大切です。
見た目の変化なら「イメチェンした。」「好きな人の趣味で。」など、ちょっとした言い訳ができますが、行動の変化はごまかせないこともあります。とっさに煙草の火をつけてしまったり、お店で使うハンドサインが出てしまったり、如何にもプロの動きです。ON/OFF切り替えて行動しましょう。


「相手に心配をかけたくない。」というような思いやりの気持ちがあれば、自然と気遣いができてバレてしまうリスクも減るのではないでしょうか。でも、内緒のお仕事は長くは続けるよりも時間や目標を決めて一時的にすることをオススメします。


コラム5:プライベート編



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP