モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » プライベート編

コラム5.プライベート編

コラムトップ5

 

15.キャバ嬢は起業家向き?起業を目指すキャバ嬢に必要なものとは?


キャバ嬢を卒業したら、次はどんな仕事に就きますか?
ずっと夜の世界で生きていく、結婚・婚活をする、昼間の仕事をする、学校へ通う、海外に旅立つ、暫く遊んで暮らす、など様々な進む道があるでしょう。キャバ嬢の次の道として、今、起業をするキャバ嬢が増えています。女性向けの起業セミナーや独立支援セミナーには現役キャバ嬢や元キャバ嬢の参加率も高いようです。


◎ キャバ嬢が起業に向いている訳
以前、とあるテレビ局の局アナ候補生が元銀座のホステスだった言うことを理由に内定が取り消しになったというニュースがありました。当時、この内定取り消しの判断に賛否両論の様々な意見が投げかけられましたが、キャバ嬢に対する社会的なイメージは時代ととともに変わりつつあります。いまだキャバ嬢に対してマイナスイメージを持つ企業もありますが、キャバ嬢のもつコミュニケーション能力や接客スキルを認め積極的に元キャバ嬢を採用する企業も増えてきていると言います。キャバ嬢の仕事は究極の接客業と言われており、日ごろから様々なお客様への決め細やかな配慮が必要とされています。この接客スキルはキャバクラ以外の場所でも非常に必要とされているのです。
また、キャバ嬢は様々な業界のお客様と触れ合うことで、各業界の情報を得ながら人脈を作ることが出来ます。円滑なコミュニケーション能力から自分の人脈を作るだけでなく、人と人を繋ぐ役目としても能力を発揮します。
キャバクラで培った様々な能力が社会で活躍する、起業するための源になっているのです。


◎ どんな業界で活躍している?
ファッション業界やエステ・ネイルの美容業界などの女性ということを生かした起業や、キャバ嬢の経験をそのまま生かして飲食業界で起業する元キャバ嬢が多くいますが、全く違う業界で、弁護士、デザイン会社、中古車業、人材派遣業などに活躍の場を転身させる方もいます。


◎ キャバ嬢起業に必要なもの
実際に起業する際は会社設立や業界のノウハウなどの勉強や、こなさなければならないことは山積みです。ここでは一般的に起業に必要なものは省き、キャバ嬢にとって大切なことだけをお伝えいたします。
まず、キャバ嬢をしながら起業を決心したのなら、キャバ嬢の仕事に全力で取り組みましょう。起業を夢見て、夢までの腰掛け程度にキャバ嬢をやっているような中途半端な姿勢であれば、きっと起業しても中途半端で終わってしまうでしょう。何事にも、その時に出来る事を精一杯できる精神を持つことが必要です。どんなお客様にも常に精神誠意尽くす気持ちでいれば、キャバ嬢としても成功しますし、その後の起業も成功へ向かうはずです。キャバ嬢をしながら起業を決意した皆さん、まずは今の仕事を本気で取り組めているでしょうか?お客様に対してどう接しているでしょうか?自分の心に問いかけてみましょう。今の仕事を精一杯に取り組めば、様々なテクニックや気遣いが将来の起業に役立つはずです。

コラム5:プライベート編



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP