モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » プライベート編

コラム5.プライベート編

コラムトップ5

 

25.日常生活で役に立ったキャバ嬢経験


キャバ嬢というお仕事はある意味特殊なお仕事です。ラクなようで、厳しいようで。簡単なようで、難しいようで。普通のアルバイトや仕事では経験できないような、沢山のことを学ぶことができるお仕事です。今回は、現役キャバ嬢や元キャバ嬢が日常生活で役に立った"キャバ嬢ならではの経験"をご紹介します。


◎ コミュニケーション能力
キャバクラにくる様々なタイプのお客様に対応するコミュニケーション能力は、キャバクラ以外の日常生活でも非常に役立ちます。特に“お付き合い”が必要な会社内の人間関係では、嫌な上司の対応も容易にこなすことができるでしょう。合コンや飲み会でも、上手にその場を盛り上げることができるようになりますし、結婚後も相手方の親族付き合いを良好に保つことが出来ます。子供ができてからも、ご近所付き合い、学校やママ友など、様々なところで人との付き合いはかかせませんが、キャバ嬢で培ったコミュニケーション能力が役に立ちます。


◎ お酒との付き合い方
キャバクラでは無理にお酒を飲むことや、お酒の失敗談もあるかもしれません。でも、それがあるからこそ、自分のお酒のペースを知ることができるのです。キャバ嬢がお酒で羽目を外す分には回りも多めに見てくれますが、キャバ嬢ではない人がお酒で羽目を外すと、ちょっと冷ややかな目で見られてしまいます。キャバ嬢で回りに許されるところで失敗をしておくと、その後お酒との付き合い方も考えるので、上手にお酒が飲めるようになるようです。


◎ 普段は出会うことのないハイクラスの人たちとの出会い
有名企業の社長さん、各界の著名人や有名人、または様々な職業の方々。普通の生活の中では絶対接点の無いような、決して出会うことのないようなハイクラスの方々との出会いがあるのがキャバ嬢のお仕事です。有名人などと会えただけでもラッキーですが、もっと貴重なのはそのような方々とお話ができて、その方々の意見や考えを聞くことができることです。普通の人とは違う視野や、違った世界があることを知れるということはその後の自分の人生にも大きく役立つことがあるようです。キャバ嬢時代のハイクラスな方々との人脈で事業を成功させる元キャバ嬢も大勢います。


◎ ブラント品
キャバ嬢を辞めても残るのが、キャバ嬢時代に買ったり、貰ったりしたブランド品です。質のよいブランド品は、一生使えるようなものも多いです。キャバ嬢を辞めて収入が減ったという人も、キャバ嬢時代のブランド品があるから今もオシャレができるといいます。


◎ 気の使い方
コミュニケーション能力にも通じることですが、接客の中で気遣いをするのもキャバ嬢の仕事です。タバコを手にしたら火をつける、グラスの中身が減ったらお酒を作るといったことをはじめ、相手が何を求めているかを察知して先回りできるのがキャバ嬢です。しかし、ただ先回りして動けばよいのではなく、相手が気を使わない程度に距離を見ながら気を使えるのもキャバ嬢の凄いところ。これは普段の人付き合いでもとても大切なことですし、気遣いができると相手にも喜ばれます。


◎ 男を見る目
多くの男性を見てきたキャバ嬢ですから、その目は肥えています。身なりやしぐさで、どんな男性か分かってしまったり、男の嘘を見抜きます。これは、男性だけではなく、同性である女性をみるのもそうで、人を見る目が養われているようです。人を見極めるという能力も、仕事や人間関係で役に立つこととなっているようです。


コラム5:プライベート編