モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » プライベート編

コラム5.プライベート編

コラムトップ5

 

18.キャバ嬢のための物件の探し方


キャバ嬢の物件探しの参考になる情報をお届けします。


・不動産会社の選び方
最近、水商売専門でキャバ嬢の物件探しを応援してくれる不動産会社は増えています。繁華街周辺で老舗としてやっている不動産会社はネットワークも出来ていますし、実績も多いはずなので希望に応じた対応をしてくれることでしょう。インターネットなどですぐ検索が出来ますし、キャバ嬢同士の紹介で簡単に不動産会社を探すことが出来ると思います。しかし、中には膨大な仲介手数料を求める不動産会社もありますので、周囲の評判や口コミなどを参考に優良な不動産会社を見つけましょう。


・キャバ嬢の物件選びのポイント
楽しいキャバ嬢ライフを送るためにはどんな部屋で暮らすかも重要なポイントです。毎日の生活が楽しくなるような部屋探しはどのようにしたら良いのでしょうか?物件選びのポイントをご紹介します。


① 家賃
キャバ嬢の収入は不安定なものです。家賃を払えないなんてことになったら家を追い出されてしまうことだってあります。自分の収入を過剰評価しないように、身の丈にあった家賃物件を選びましょう。


② セキュリティー
キャバ嬢は運が悪いと変なお客に付き纏われてしまうこともあります。女の子の一人暮らしですから安全性はしっかり確認しましょう。オートロックや防犯カメラなどの建物のセキュリティーや住む階数も大切ですが、夜中一人歩きする時に安全な環境かどうかも重要なポイントです。近くに交番や人のいるコンビニなどがあると安心ですね。


③ 周囲のお店情報
キャバ嬢は生活リズムが昼夜逆転していますから、近所のお店が日中しか空いていないようだと非常に不便です。深夜・早朝まで営業しているスーパーや飲食店があるかどうかもチェックしましょう。


④ 通勤時間
キャバ嬢の勤務時間を考えると、終電を逃してしまうこともあるはずです。送りのあるお店ならまだしも、長距離タクシーにならないようにお店からは遠くない場所が良いでしょう。また、キャバクラではハイヒールで居ることが多いと思うので、通勤に徒歩の距離が長いと疲れてしまいます。ハイヒールで歩ける距離かも考えましょう。


⑤ 近所・周囲の騒音
生活リズムが逆転しているせいで「夜中は静かにしてください!」と言われてしまいがちなキャバ嬢ですが、逆にキャバ嬢が眠りにつきたい日中に周囲がうるさいと大変です。しかし、一般常識的に夜は静かにしてくださいと言えても、昼間に静かにしてくださいとは言いにくいものなので、最初から昼間の環境がうるさくない場所を選ぶ、もしくは防音対応されている物件を選びましょう。


・地方から東京進出するキャバ嬢のために
すでにキャバ嬢として実績があり収入も信用もばっちりの方は問題ないでしょうかが、地方から出てきたばかりのキャバ嬢初心者には東京での物件探しは大変かもしれません。住居も仕事も一から全て準備するのは大変なので、最初は寮つきのキャバ嬢求人をチェックしてみましょう。寮というのはお店によってルームシェア形式だったりワンルームの寮であったりと様々ですが、一人暮らしの準備ができます。


コラム5:プライベート編



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP