モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢必須アイテム

コラム4.キャバ嬢 必須アイテム

コラムトップ4

 

14.絶対モテる!美人に見えるキャバスーツの着こなしポイント


1着あると何かと便利なキャバスーツですが、メイクや小物の手を抜くとダサくなってしまい、逆に力を入れすぎるとケバケバしい印象になってしまうというデメリットもあります。スーツを着れば何となくそれっぽく見えるのですが、‘美人に着こなす’事がとても難しい衣装でもあります。


◎ デザイン別の着こなしのポイント
① ミニ丈や胸元を強調するセクシーなスーツ
ミニ丈のデザインやインナーで胸元を強調する着こなしはキャバスーツの定番ですが、セクシーすぎるとお客様に軽く見られてしまうことがあります。足元や胸元の見えそうで見えないラインをしっかりキープすることが大切です。キャバ嬢の接客は基本座っていることが多いので、座ったときのスカート丈の長さや、座ったお客様から胸元がどう見えるかなどをチェックしましょう。お客様の目は必ず、チラッと見える胸元や足元に行きますから、目の行く部分の肌のケアと座るときの足の置き方に注意をしましょう。
ミニ丈は足全体が目立つので、美脚のためのストッキング選びやヒール選びも重要です。電線したストッキングや傷んだヒールはもっての他です。消耗品だと思って、常にきれいな物を用意しておきましょう。

② ノーカラージャケット
スーツパンツやスカート以外にもデニムやワンピースといった私服とのコーディネートがしやすいので重宝するノーカラージャケットは、女性らしいフォーマル感を感じさせます。でも、ちょっと間違えると入学式や卒業式のお母さんのように落ち着きすぎてしまう場合があります。ノーカラージャケットはサイズ感が命です。身幅の広いもの、袖の長いもの、ビッグサイズはお母さん感が出てしまうので、ジャストサイズかやや細身のもの、または袖や裾がショート丈のものを選びましょう。ノーカラージャケットはフォーマルのイメージが強いため、シンプルなものだとお店では地味になってしまいます。ジャケット自体にデザイン性のあるものや、アクセサリーやヘアスタイルで華をもたせるようにしましょう。

③ ツイードスーツ
エレガントなイメージのスーツで、生地がしっかりしているため高級感を演出することができます。比較的型崩れが少なく、スカート、ワンピース、パンツなどとの合わせもバッチリなので使いやすいアイテムです。フォーマル感が強いのでスカートを膝丈にしてしまうと落ち着きすぎる印象になってしまいます。ミニ丈のスカートかワンピと合わせてキュートに着こなすか、パンツスタイルでカッコよく極めましょう。

④ パンツスーツ
圧倒的にカッコよく見せることができるパンツスーツはクールセクシーに着こなしましょう。足の形や長さが目立ってしまうので着こなすのが非常に難しいものですが、脚長効果の望めるデザインや高いヒールでカバーすることもできます。
ジャケットを一つボタンにしてウエストをシェイプさせたり、7分丈の袖や薄手のインナーで上半身をスッキリさせたり、薄い素材や光沢のある素材で全体的に軽いイメージで着こなすことがポイントです。パンツは男性的なものですので、発言や行動が雑だとイメージがよくありません。女性らしい振る舞いを心がけましょう。


◎ 小物の使い方、合わせ方
基本的にスーツはカッチリしたイメージになります。暗い店内では地味に映ってしまいがちなので、メイク・ヘアメイク・小物には華やかさを持たせましょう。しかし、‘華やか’というのは‘派手’とは違います。ただ、ただ、派手に盛っていてはケバケバしくい印象になってしまうので、メイクやヘアメイクは念入りにしながらも清潔感と品を作りましょう。
清潔感と品を保つために、アクセサリー・ストッキング、ポーチ、ヒールなどの小物は常にキレイな状態のものを合わせましょう。踵のくたびれたヒールや電線したストッキング、ほころびのあるポーチなどでは一気に清潔感と品が失われてしまいます。
スーツを着るときは足の先から頭のてっぺんまで完璧に仕上げることで、全体的にバランスの取れた着こなしができます。バランスの取れた着こなしをするのが美人に見えるポイントです。スーツのデザインにより、可愛くも、セクシーにも着こなすことができますが、全体のバランスが整っていないとどこか野暮ったく見えてしまいます。バランスを整えた着こなしで、お客様をドキッとさせましょう。


コラム4:必須アイテム



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP