モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢必須アイテム

コラム4.キャバ嬢 必須アイテム

コラムトップ4

 

8.キャバ嬢名刺を作るときのポイント


来店中はお酒も入っているし、一回の来店ではなかなか名前を憶えてもらえません。お客様に名前を憶えていただくのに役立つのが名刺です。新人さんはお店から空名刺をもらえたりするので、ここに自分の名前や連絡先を書き込むことが出来ます。でも、オリジナリティを出すためにだんだん自分の名刺が欲しくなってくるはずです。
今はインターネットで簡単にオリジナル名刺を作ることが出来るので、オリジナリティのある自分だけの名刺を作ってみましょう。
名刺を制作する際のポイントをご紹介します。


◎ お店に確認
お店によってはお店で統一した名刺が必要な場合もあります。オリジナル名刺の使用が可能か確認をしましょう。


◎ 自分にあったデザインを探す
自分にあったデザイン=自分の好きなデザイン、ではありません。自分の好みや趣味だけで選ぶのではなく、お客様に与えたい自分のイメージの名刺を作りましょう。
例えば、ピンク×白にレースをモチーフにした名刺は可愛らしいイメージになります。ここにラインストーンを加えると、ワンランク上の高級感があります。色をパープル系やブラック系にすると、よりセクシーな夜のイメージになります。
見た目は清楚系をウリにしているのに名刺はセクシー系では、あとで名刺を見たお客様が貴方のことをイメージしにくくなります。名刺を見て、「あの子だな!」と思い出せるように自分のキャラや見た目と名刺のイメージを合致させるとよいでしょう。


◎ 店名、源氏名、連絡先を分かりやすく書く
名刺の役目は名前を憶えてもらうことと連絡先を伝えることです。読みにくい漢字にはフリガナやローマ字表記をつけましょう。来店に繋げるには自分のアピールだけでなく、お店の詳細もしっかり記しましょう。
店名と源氏名は最低限ですが、連絡先を敢えて印刷しないというテクニックもあります。
「○○さんには連絡先を教えるね?」と電話番号やメールアドレスをその場で手書きすると特別感を演出できます。名刺に連絡先を記載しないとのは、連絡先を教えたくないイタ客対策にも役立ちます。


◎ 名刺デザインの種類
名刺ショップ毎に様々なデザインの名刺があります。キャバ嬢の使用する名刺は、サラリーマンが会社から支給される名刺と違ってデザインに制限がありません。デザインが華やかと言うだけではなく、ハートなどの変形型や切り抜き加工をしたもの、材質も紙だけではなくプラスチックのスケルトンや木材を使ったもの、ラインストーンやリボン付きというものもあります。また、季節や記念日ごとにデザインを変えるというキャバ嬢もいます。


◎ 自分に合ったヘアケア商品を使う
「髪に良い」と言われるヘアケア商品は山ほどあり、どれを使ってよいか見極めが難しいものです。いろいろ試してみて自分に合うものを見つけるしかありませんが、ただ闇雲に試していても髪の状態を悪化させてしまう場合もあります。 試す前に自分の頭皮と髪の状態を知ることから始めましょう。頭皮や髪の状態、痛みの原因などによって使用するヘアケア商品も違ってくるはずです。また、ヘアケア剤のつけ過ぎで髪や頭皮に負担をかけていることもあり得るので、一度ヘアケア剤の使用をやめてみることが必要な場合もあります。 「良い」という評判だけではなく、何に良くて、自分に合っているかの見極めが必要です。


◎ 名刺の配り方
こだわったオリジナル名刺を作ると1枚当たりの単価が100円を超してしまうこともありますので、やたらにバラ撒きたくないと思うかもしれません。そんな場合は、安く作った名刺も用意し、お客様によって使い分けてもよいでしょう。
また、名刺は新規お客様だけではなく常連さんに配るのもアリです。イベントや記念日用の名刺を用意して、告知を兼ねて配るのです。


名刺のデザインはとても多様です。自分のキャラと個性にあったオリジナリティのある名刺を探しましょう。個性的な名刺は、それだけで話のネタになります。会話に困る新規のお客様の接客には名刺が役に立ちます。


コラム4:必須アイテム