モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢レベルアップ術

コラム3.キャバ嬢 レベルアップ術

コラムトップ3

 

28.姉キャバ嬢・熟女キャバ嬢必見!年齢のサバ読みは悪いことではない。


少しでも若く見られたいと思うのは女性の本能です。特にキャバ嬢は年齢を気にしてしまう職業でしょう。18、19歳のうちはサバを読む必要性がないかもしれませんが、20歳を超えたところでサバを読む人も出てきます。姉キャバ・熟女キャバクラ世代のキャバ嬢になるとサバを読むのは当たり前のようになっています。


◎ キャバ嬢プロフィールは実年齢じゃなくてもOK
そもそも、キャバクラで実年齢を語る必要はありません。名前も源氏名を名乗り、実名を使う人は極わずかです。ストーカーなどのトラブルを防ぐためにも、プライベート情報を公開しないのは当たり前のことなのです。比較的、男性というものは若い女性を好む傾向なので、お店から「○○ちゃんは19歳でいこう」と設定されることも少なくありません。
キャバクラで大切なのは実年齢を語ることではなく、お店でお客様と楽しい時間を過ごすことです。なので、お客様が好むような年齢を設定する事はお店も認める日常的なことなのです。でも、履歴書などお店への申告は実年齢を正確に伝えましょうね。


◎ 何歳くらいまでサバ読みOK?
多くの場合は、2~3歳若い年齢を設定している場合が多いようです。このくらいの差なら、子供時代や学生時代の話題、その頃の流行や事件など、世代間の会話にも無理なく対応できます。干支や西暦の計算も簡単にできますし、見た目にも無理のない範囲なので、誤魔化しが利きやすい範囲のサバ読みです。童顔で見た目が若いと5~6歳の誤魔化しができるというキャバ嬢もいるかと思いますが、会話内容などからバレないように十分気をつけましょう。


◎ よくある年齢バレ状況
会話の中で思わず実年齢を言ってしまった、設定年齢の干支や西暦を答えられなかった、設定年齢世代の会話ができなかった、といった理由でサバを読んでいることがバレてしまうことが多いようです。
また、自分のミスだけではなく、ボーイやヘルプのキャバ嬢がうっかり実年齢をバラしてしまう事もあります。悪気がなく会話の流れでついウッカリというケースが多いようなのですが、業界人なら自分の指名客以外のお客様とは当たり障りのない会話に留めておく事が常識です。お店のスタッフ教育や管理体制を強化して、こうしたウッカリミスを防ぐ事も必要かもしれません。ただ、お店側が設定年齢を知らないと実年齢をお客様に話してしまうかもしれませんので、事前にお店側に実年齢と設定年齢をしっかり伝えておきましょう。


◎ 年齢のサバを読むことは悪いことではない!?
お客様がキャバクラに居る時間を楽しむことが一番の仕事と考えれば、お客様の好むタイプの女性になりきることはキャバ嬢の役目です。ある程度のサバ読みはお客様も承知のことでしょう。しかし、その場だけの適当な誤魔化しは「あれ?この子、前と言っていることが違うな。」「この前来たこと覚えているのかな?なんだか適当な接客だな」という印象を持たれてします。信頼関係がないと、指名を続かせることが出来ません。年齢のサバを読むのなら、年齢設定やキャラ設定をしっかりしてお客様にしっかり夢を見させてあげるようにしましょう。


コラム3:レベルアップ術