モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢レベルアップ術

コラム3.キャバ嬢 レベルアップ術

コラムトップ3

 

30.笑顔で接客するための待機時間の使い方


キャバ嬢のお仕事では、お客様がまだ来店していない開店間際や、お客様が少なくてキャバ嬢の人数の方が多くなってしまう時に、お客様について接客をしていないキャバ嬢は「待機」とよばれる時間を過ごします。


◎ 待機時間によくすることは?
①お客様へ営業メールをしたり、電話をかける
待機前に接客をして帰られたお客様にすぐにお礼のメールをしたり、これから来てくれそうなお客様に自分が出勤していることを伝えてアポイントがとれるかを確認したり、以前来てくれたお客様に連絡をいれたりします。
②メイクを直す
接客中に飲んだり話したりしていると、メイクがよれたり口紅がとれたりするので、待機中にメイクを直しておけば、いつ呼ばれてもキレイな状態で接客につけます。
③キャバ嬢同士でおしゃべり
お客様の情報交換や接客でわからないことを相談したり、お菓子を食べたり、恋愛話で盛り上がったりとコミュニケーションを取り合うことで、一緒に接客についた時にやりやすい環境をつくれます。
その他にも、新しいお客様の名刺を整理したり、お客様の情報をメモしたり、スタッフと面談したりと待機時間にすることは意外と多いのです。


◎ 待機時間を上手く利用してストレスをためない方法
接客で感じたストレスや日常生活でのストレスをためこんで仕事にもちこんでしまうと、心地よい接客ができず売り上げがなかなか伸びなくて落ち込んでしまい、悪循環にはまりやすいです。そんな時は、待機時間のおしゃべりを上手く使いましょう。接客中に上手くいかなかったことは、同じ職場だからこそ待機中に相談にのってもらってノウハウを教えてもらったり、プライベートで仲が良い子や共通の友人がいたりすると出来ない話でもキャバ嬢の仕事でしか会わない人だからこそできる会話で気分転換できます。あとは、待機中にすぐ呼ばれる子は、お客様が多く人気ということがわかるので、その子の行動を観察したり、どんな風に待機時間を過ごしているのかを見ることで、自分の売り上げにつながるヒントがわかります。


◎ 笑顔でいるために、キャバ嬢同士で比べない
華やかな世界だけれど、夜遅くまでの仕事、睡眠不足、不規則な生活と精神的にも体力的にもキツイ時があります。そんな時は、同じギャバ嬢同士のほうが仕事の悩みを共有しやすいです。無理に言う必要もないけれど、「あれ、私だけじゃなかったんだ」とわかるだけで気持ちがスッキリします。お店の中でお客様に人気があるないを比べだすとストレスの原因になりやすいので、他人と比べたり、他人を目標にするよりも、接客中に注意されたことを見つめなおしたり、待機中に感じた人気のある子の言葉遣いや対応の仕方などを自分なりに取り入れて、「今までの自分を超える」と自分を高めることを目標にすると、自分も成長できますし、周りを気にしすぎなくなります。そんなふうにストレスを感じてしまう状況をできる限り無くしていって、笑顔で接客できるように心がけましょう。


コラム3:レベルアップ術