モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢レベルアップ術

コラム3.キャバ嬢 レベルアップ術

コラムトップ3

 

18.お客様の心を掴む雰囲気美人


◎ キャバ嬢は顔より雰囲気
顔が飛びぬけて可愛いわけでもないのに「あの人素敵だな。」と感じたり、逆に顔は凄く可愛いのに「どこかが残念だな。」と感じたりしたことはありませんか?美人と美人ではない人の違いは顔の良し悪しだけではありません。では、どこで決まるのでしょうか?それは、その人が持つ雰囲気です。顔の好みも大切ですが、それよりもその人のもつ雰囲気の方が後に印象に残ります。ましてやキャバクラの場合は、薄暗い店内で、お酒も入っているので視覚的印象より、感覚的な印象の方が心に残ります。感覚的な印象とは、「この子といるとドキドキするな」「癒されるな」「元気になれるな」というような印象です。こういった印象(感情)を生むのがその人のもつ雰囲気です。お客様の心を掴むためには、このような印象(感情)を残す、雰囲気美人になりましょう。


◎ 雰囲気美人の特徴
①「笑い」と「微笑み」を使い分ける
どんな人も仏頂面ではモテません。雰囲気美人の一番の特徴は笑顔が素敵ということです。でも雰囲気美人が常に笑い続けているわけではありません。「よく笑う」ことが大切とされていますが、ただ笑っていてもお客様の気は引けません。よく笑うことは緊張を解きほぐし、親近感を生むことができますが、「美人」というイメージからは少し外れてしまう場合あります。雰囲気美人の笑いにはメリハリがあり、平常心のときは微笑み、本当に面白いときに笑うのです。このメリハリがあるから笑ったときの笑顔が引き立ちます。

② 姿勢は正しく、角度をつける
雰囲気美人の2つ目の特徴が姿勢がよいということです。姿勢を整えるとスタイルもよく見えますし、自信を感じさせるので安定した印象を与えます。しかし、ただ姿勢が良いだけではお客様の気は引けません。体がまっすぐなままだと真面目な印象を与えますが、少し硬く権威的なイメージになってしまいますので、雰囲気美人はそこに角度をつけます。会話中も会話に興味があるようにみせるときは体を少しお客様のほうに傾けたり、恥らうように首を下に傾けたり、少し物思いにふけるように首を傾けながら遠くを見たり。体に角度をつけることで感情を表現します。

③ 同調する
見た目が雰囲気美人でも、一緒にいて和めなければ意味がありません。本当の雰囲気美人は見た目だけでなく、一緒にて「和む」雰囲気を作ることができます。笑顔や首を傾けるといったしぐさも和む雰囲気を作るための大切な要素なのですが、もうひとつ大切なことが相手に同調するということです。心理学ではミラーリング効果といわれていますが、相手の行動を真似て同調させることで、互いの存在を受け入れやすくするというものです。人は無意識のうちにこの行為を行って信頼関係を築いているのですが、会話の内容やテンポ、行動を同調させることで「この人は自分と感覚が近いんだな」という気持ちになり、心を開きやすくなります。同調していることが当たり前になってくると、次は相手が自分に合わせてくるようになったりもします。短時間勝負のキャバクラではこのミラーリングテクニックが非常に役立ちますので普段から意識してみるとよいでしょう。

④ 雰囲気美人なイメージを保つ
他人の悪口や他人との比較は美人の雰囲気を崩してしまいます。雰囲気美人は「雰囲気」がとても大切です。雰囲気とは目に見えないイメージでもありますので、イメージを崩すような発言や行動は控えましょう。どんな人にもフラットに付き合える人柄が雰囲気美人を作っていきます。


コラム3:レベルアップ術



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP