モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢営業マニュアル

コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル

コラムトップ2

 

14.色恋営業の心構えと特別扱いの方法


キャバ嬢との擬似恋愛を求めるお客様に本気の恋人のような素振りをとるのが色恋営業です。多くのキャバ嬢が利用する営業方法のひとつですが、様々なお客様を本気で虜にし、それを継続させるのは簡単なことではありません。まずは色恋営業の基本をご紹介いたします。


◎ 色恋営業で大切な心構え
営業方法をご紹介する前に、まず色恋営業で大切になる心構えをお伝えしたいと思います。
お客様はあなたと付き合いたい、結ばれたい、と思っていますが、その想いを叶えてあげることはできません。最終的にお客様に満足してもらうことは出来ませんが、それまでの恋愛の過程を楽しませることは出来ます。結果的にお客様が「目当てはお金か!騙された!」と思わないために、最後までしっかり騙してあげましょう。最後までしっかり騙して、後悔のない楽しい思い出を残してあげることがキャバ嬢の役目です。
お客様は自分のことが好きだから、何をしても、何を言っても良い、ということはありません。ワガママに応えてくれた分、終わりがきたときのお客様の悲しみは倍増してしまいます。悲しみが強いとその感情が爆発して、逆上したり、ストーカー行為に繋がったり、悪口を言いふらされたり、といったトラブルの原因になってしまうケースもあります。
色恋営業を仕掛けるときは、お客様の気持ちを大切にしながら楽しい時間を過ごせるようにしましょう。
また、色恋営業はとても寿命が短いということも理解しておきましょう。ほとんどが3~4ヶ月、半年続けば良い方です。初めのうちは、「会いたいです!」と言えば来店してくれて、お客様もあなたに会いたくて頻繁に来店してくれますが、数回来店しても口説けないことが分かったら来店しなくなってしまいます。正直、大体のお客様は‘その程度’なので、あまり時間や労力をかけすぎるとこちらが疲れてしまいます。あまり深入りしすぎないように、お客様の興味を引き付けながらも一定の距離感を保てるようにしましょう。


◎ 色恋営業の基本は‘特別扱い’
営業方法の基本は‘特別扱い’です。特別扱いでお客様に優越感や満足感を与えます。お客様だって「キャバ嬢が言い寄ってくるのはお金が目的の営業だ。」と思っているので、最初はキャバ嬢に深入りしようとは思いません。でも、特別扱いを続けていくうちに、お客様の中でも本当に自分が特別なのではないかと勘違いしていきます。そして、いつも特別扱いをしてくれるキャバ嬢を本気で好きになっていくのです。
では、具体的に特別扱いとはどんなことをすればよいのでしょうか?
・じっと見つめる
・気を配る
・会話に名前をいれて「あなただけ」強調する
・褒めて相手を喜ばす
・喜んだり、照れたり、可愛らしい感情を見せる
・時には怒ったり、すねたり、素の感情をみせる
・さりげなくボディタッチ
・甘える
・頼る
・悩みや秘密を打ち明ける
・体調を気遣ってあげる
・ちょっとした変化に気付いて声をかけてあげる
こういった特別扱いをされることによりお客様は優越感を味わえたり、自己顕示欲を満たせたりして幸福感が生まれます。幸福感を与えてくれるあなたともっと一緒にいたいと思うようになり、恋愛感情が芽生えていくのです。
お客様に芽生えた恋愛感情を大切にしながら、一緒にいる時間を最後まで楽しませてあげることができたら色恋営業は終了です。途中でお客様をガッカリさせることなく、恋愛モードを終了させるのがベストな状態で、このベストな状態になれば友営へのシフトもしやすくなります。


コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル