モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢営業マニュアル

コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル

コラムトップ2

 

11.おさわり対処法


キャバクラの商売柄どうしても避けて通れないのが‘おさわり’です。お酒も入って開放的になったお客様は、ついついキャバ嬢の体に触れたくなってしまうようです。
キャバ嬢に抱く恋心や下心からうっかり触ってしまうというお客様もいれば、中にはお金を払っているのだから触るのが当たり前と勘違いをしているお客様もいます。
おさわりにも程度がありますが、やっぱり嫌悪感や不快感を抱く事は多いのではないでしょうか?


◎ おさわりの境界線
「おさわりOK」をウリにしているお店もあれば、「おさわり完全NG」として、おさわりを発見したらボーイが注意をしてくれるお店もあります。表向きは「おさわりNG」だけど、見て見ぬふりをして放ったらかしというお店もあります。おさわりに対するお店の考え方や対処の仕方は様々なので、体験入店の時におさわりに対する店の雰囲気を見ておくとよいでしょう。
しかし、一体どこから何処までを「おさわり」と呼べるのでしょうか。おさわりに対して抱く不快感は、受け手(キャバ嬢)の許容範囲や、相手(お客様)の好みによっても変わってきます。触る場所や触り方、その時の雰囲気によっても異なります。膝に手を置くだけならOKなのか、太ももでもスカートの上からならOKか、その線引きはとても難しいものです。とても判断がしづらくグレーゾーンとなっているのが現状です。


◎ お店の対処法
大抵のお店は女の子が困っていたらボーイがお客様にしっかり注意をしてくれます。ボーイが気づかなかった場合でも、トイレに立ったときなどにボーイに伝えればお客様を注意してくれますし、迷惑行為を繰り返すようなら次回から入店拒否となることもあります。お店の質を保つためにはお客様を選ぶこともボーイの仕事となるのです。
別のパターンでは、おさわりの多い客にはおさわりの対処ができるベテランキャバ嬢を席につけて対応するという方法もあります。


◎ おさわりの対処法
女性の色気をウリにしている商売ですから、男性が触りたくなるのも無理はありませんし、それを全て断っていては商売にならないということもあります。だからと言って、女の子が我慢をして嫌な想いをすることも間違っています。
席についたらお客様とキャバ嬢の2人きりの世界が出来上がってしまうので、ボーイの目の届かない隙に強引に迫ってくるお客様もいます。そんな時、自分の身は自分で守らなければいけません。お客様の機嫌を損ねず、自分も嫌な想いをしないようなおさわりの対処法をしっかり身につけましょう。


① 笑顔で叱る
何も言わなければ、お客様は「大丈夫だ」と思ってしまうので、「ダメなものはダメ」とはっきり伝えることが大切です。でも、こちらが怒った態度ではお客様の気分を害してしまいます。最初は笑顔でサラリと「ダメですよ!」と言いましょう。子供に優しく注意をする感じです。
そして、「ダメ」の代わりに手を握ってあげましょう。お客様の気持ちを包みながら、手が悪さをすることを阻止することができます。


② エスカレートさせない
例えば、膝に手を置いて大丈夫だったから、次はスカートの中に手を入れてくるかもしれません。一度OKを出すとそれが当たり前になり、次の欲望が生まれます。おさわりが行き過ぎる前にしっかり注意をしましょう。そのためには一発目が大切です。一度許したら「行ける」と思われてしまうので、自分の許容範囲を超す手前で、透かさず「ダメですよ!」と笑顔で叱ってあげましょう。


③ 空気をかえる
「ダメですよ!」も全然通用しない時などは、ガラリと空気をかえましょう。例えば、いきなり大声で「あっ、大変!!家の鍵を閉め忘れた!!」と、おさわりのことなんてもうどうでもよくて、それより大変なことを今思い出した!というように。お客様が呆気にとられているうちに話題を変えておさわりから脱出しましょう。


④ お客様のキャラを作り上げる
普段から「○○さんはおさわりなんてしない紳士な男性」というキャラを作り上げ、おさわりをできない状況を作りましょう。「他のお客様からのおさわりでとっても嫌な想いをした」と相談を持ち掛けてみたり、「○○さんはそんな人ではないですよね」と釘をうっておいたり、男性の自尊心をあおって紳士キャラを作り上げましょう。


⑤ ボーイに助けを求める
どうしてもしつこいお客様の場合、自分で対処できなければトイレに行くふりなどしてボーイに助けを求めましょう。


コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル