モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢営業マニュアル

コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル

コラムトップ2

 

32.年下男性が苦手な姉キャバ・熟女キャバ嬢必見。年下男性に言ってはいけないNG発言


自分より年下の男性に苦手意識を持つ姉キャバ嬢や熟女キャバ嬢は多いのではないでしょうか?年下というだけで、自分との年齢差に引け目を感じてしまったり、頼りがいがないように思えてしまったりと、年下男性が苦手な理由は様々あるようです。でも、姉キャバや熟女キャバクラで働いているのなら年下男性との会話は避けられません。せめて接客中に年下男性と上手く会話するために、姉キャバ嬢・熟女キャバ嬢が年下男性に言ってはいけないNG発言をご紹介します。


◎ 若いんだからしっかりしなさい!
まるでお母さんに叱られているような言葉ですね。姉キャバ・熟女キャバクラに来るお客様ですから少なくとも成人している男性です。大人になってキャバクラに遊びに来ているのに母親に叱られるなんて良い気はしません。


◎ ○○すればもっと良くなるわよ
説教ではなく、優しいアドバイスであっても、やっぱりどこか上から目線のように感じてしまいがちです。そして、母親のような台詞になりがちです。


◎ かわいい
男性は、女性に「かっこいい」「頼りがいがある」「たくましい」と思われたいものです。特にキャバクラでは、恋愛対象として男性的に見られたいと思っています。そこで「かわいい」と言われるのは恋愛対象に見られていないという印象になってしまいます。さらに年上女性から「かわいい」と言われてしまうと、余計に下に見られている気分になってしまいます。


◎ 私、おばさんだから
女性なら自分の年齢が気になるもの。その気持ちから自分を下げた言い方をしてしまいがちですが、年下男性の前ではあまり使わないほうが良い言葉の一つです。これは男性との壁を作ってしまう言葉です。姉キャバ・熟女キャバクラに遊びに行く男性は、最初から年齢のことなど気にしていない場合が多いのですが、「私、おばさんだから」の一言が年齢のギャップを意識づけてしまいます。


◎ 最近の若い子は…
「ゆとり世代」「さとり世代」のように年代でひとくくりにその人の性質をまとめたり、最近の若い子はどうだという世間のイメージで決め付けるような発言も、上からの物言いになってしまい、年下男性からすると下に見られているような感じがしてしまいます。キャバクラでは特に、お客様一人ひとりの個性に寄り添うことが大切です。世間のイメージでひとくくりにした発言はやめましょう。


◎ 今どきの若い子の流行り言葉
若い男性との会話だからと、無理に若い子に流行っている言葉を使っていると違和感があります。そして、年上女性なのにちゃんとした日本語を使えていないのは、少し品のないような印象をもたれてしまいます。姉キャバや熟女キャバクラには、“大人の落ち着き”がある女性を求めてくる男性が多いので、美しい言葉遣いが出来るキャバ嬢の方が好感をもたれます。


◎ 病気や体調不良の話
女性も年とともに体が疲れやすくなったり、体調不良を起こしやすくなってきます。ついつい病気や体調不良の話が増えてしまいますが、それを年下の男性に話してはいけません。一気にオバサンに見られてしまいます。


コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル