モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢営業マニュアル

コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル

コラムトップ2

 

18.色恋から友営へ切り替える方法


キャバクラに通うお客様の中にはキャバ嬢を口説くのが目的と言う人が沢山います。そんなお客様には色恋営業を仕掛ける場合が多いと思いますが、色恋営業は指名を取りやすいというメリットの裏に、短命であるというデメリットがあります。口説き目的のお客様が足しげくお店に通うのは精々3~4ヶ月程度の間で、時間やお金をかけてもキャバ嬢の反応が思わしくなければ直ぐに他のお店や女の子に乗り換えてしまいます。色恋営業の場合、指名を取れる期間が短いので短期間のうちに何人ものお客様に営業活動をしなければなりません。次から次へと新しいターゲットを見つけては指名替えをされ、と言うことを常に繰り替えしていかなくてはならず、いつかは疲れ果ててしまいます。そんな時、色恋のお客様との関係を、長い付き合いのできる友営へと切り替えていければ指名が途切れることが無くなります。指名を繋ぎ、安定して稼げるようになるために、色恋を友営に切り替える方法をご紹介いたします。


◎お客様はオオカミ
色恋の間、お客様はキャバ嬢を狙う狼です。常に男女を意識して、口説けるタイミングを狙っています。狼(お客様)は獲物(キャバ嬢)に狙いを定めてハンティング(口説き)に挑みますが、全く勝ち目のない獲物(キャバ嬢)は狙いません。獲物(キャバ嬢)をモノにできるだろう。という望みが持てなければ狙いに行きません。ハンティング(口説き)に望んだとき、何度追いかけても捕まえることが出来なかったら無駄な体力を消耗しないために狩を諦めてしまい、指名も切られてしまいます。


◎狼を子羊に切り替える方法
男が狼であるのは狩猟本能(下心)があるからです。これは人間の本能ですからゼロにするのは難しいものです。それに、一つの好意の表れでもありますので多少の下心はあって然るべきです。下心の嫌な点は、本能剥き出しで己の欲求のみを相手に押し付けようとしてしまうときです。色恋でもこの下心が剥き出しの状態だと、お客様としては「行ってダメなら次を狙おう。」となりますし、キャバ嬢としても「そんな剥き出しの下心には付き合っていられない。」ので、指名の寿命もあっと言う間に終わってしまいます。
では、どうすれば剥き出しの下心を可愛らしい子羊ちゃんに変えることが出来るのでしょうか?お客様の心の中には「行ってダメなら次を狙おう。」という、ハンターの心があります。これはキャバ嬢を獲物としか思っていないので、まるで消耗品のような軽い見方をされてしまっているのです。このお客様の思いを変えるテクニックがこちらです。
・真剣にお客様を心配する。
真剣に自分を心配してくれる人に悪い態度は取れないはずです。自分を心配してくれる相手のことも心配するようになり、大切に扱おうという気持ちも芽生えてきます。
・真面目な部分を見せる。
真面目に将来の夢を語ってみたり、頑張っていることを伝えてみたり、真面目な部分を自然にアピールしてみましょう。本気で頑張っている姿に心を打たれれば浅はかな下心は消えうせて、応援してあげようと思ってもらえます。
・男性的な部分ではなく、人としての部分を褒める。
色恋の間は男性的な自尊心を掻き立てる必要がありますが、友営に切り替えるときは男性の自尊心を抑えてもらう必要があります。褒めるときなどは、人としての長所を見つけて褒めてあげましょう。
・真剣にお客様の悩みを聞いてあげる。
男女の仲を越えた友人として悩みの相談にのれると、お客様もあなたとの関係を長く続けたいと思います。
・常に思いっきり楽しい存在である。
上手く口説けない相手でも楽しければずっと一緒にいたいと思うものです。

色恋から友営の切り替えるタイミングはお客様によっても異なりますが、上記のような方法で徐々に立場を切り替えていけば、一つの指名を長く持続させることが出来るはずです。色恋から友営に切り替えて安定した指名を手に入れましょう。


コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP