モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢営業マニュアル

コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル

コラムトップ2

 

1.アフターは必要?誘われたらどうする!?


キャバクラのアフターとは、お店の閉店後のプライベートな時間にお客様と食事やカラオケなどに出かけることです。
閉店後なのでお店からのお給料は発生しません。同伴出勤に手当てがつくお店はありますが、アフターに手当てがつくというお店は聞いたことがありません。勤務時間外の事なので基本的に全て自己責任。アフターに行く/行かないも本人の自由です。
勤務の後で疲れているし、正直行きたくないなぁなんて声もよく聞こえますが…、もちろん断っても良いものです。しかし、お客様と長く付き合うために、時にはアフターも必要です。


◎ アフターのメリットとデメリット
食事代や遊び代などはお客様が出してくれます。普段は行けないような高級なお店に連れて行ってもらう事もあります。「付き合いの良い子だな」と好印象を与えたり、お店以外で一緒にいる特別感を持ってもらえたりして、お客様との関係を深めることが出来ます。
しかし、プライベートの時間が削られ、‘お付き合い’に疲れてしまうというデメリットがあります。エッチ目的のお客様も沢山いますので勤務後でも気が抜けません。


◎ アフターは必要?
アフターに一切付き合わなくても指名をバンバン取るキャバ嬢もいます。
今までの内容からするとデメリットの方が勝ってしまうような気がしますが…。でも、せっかく通っていただいているお客様のお誘いを何度も断るのは申し訳ない気もしますよね。あまり付き合いが悪いのも印象が良くありません。お客様との縁が切れてしまう事だってあります。
だからと言って毎回付き合う必要もありません。あまり頻繁にアフターに付き合っていると、「お店に行かなくても会える」と思われてしまいます。
アフターは、3~4回の誘いに1回付き合うくらいがちょうど良いのではないでしょうか。


◎ アフターに誘われたらどうする?
店内ではどんなに紳士的なお客様でも、どんな下心が隠れているかわかりません。ましてや、付き合いの浅いお客様には十分な警戒が必要です。
どんなお客様でも、最初のお誘いはお断りするのがベターでしょう。1~2度断ったくらいで切れる縁なら、最初から縁は無いのと同じです。この程度で切れてしまうお客様には下心しかないと考えて良いと思います。お客様の本質を見極める上でも、簡単に誘いには乗らず、何度か接客を重ねて、ある程度お客様のことがわかったところでアフターのお誘いをお受けしましょう。
また、最初からついて行かないで少し焦らすのもお客様の気を引くテクニックの一つです。今回は断られたけれど、次回こそはアフターに行くぞ!とお客様に闘争心を持たせるような断り方や、お客様が納得できる不快に思わないような断り方やテクニックを身につけていきましょう。


アフターに行くか/行かないか、はあなた次第です。どちらが良いというものではありません。ただ、キャバクラで働いていればアフターへの悩みも出てくるはずです。日頃の営業スタイルやお客様との関係性をしっかり築いて、有効に対応していきましょう。


コラム2.キャバ嬢 営業マニュアル



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP