モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢になるために

コラム1.まず最初に ~キャバ嬢になるために~

コラムトップ1

 

21.キャバクラで夏休み短期アルバイトするメリット・デメリット


そろそろ夏休み!学校が長期休みに入る時期になると「ちょっとだけキャバクラで働きたい」と思う学生さんが増えてきます。学校がないので夜更かしができたり、時間に余裕ができたりするので、高時給のキャバクラで効率よく一気に稼ぎたいと思うようです。
キャバクラだと他のアルバイトより時給が高いという大きなメリットがありますが、実際働いてみようと思うと大変なこともあるようです。
これからの夏休みにキャバクラで短期アルバイトをしようと考える方に、短期キャバクラアルバイトのメリット・デメリットをご紹介します。


◎ 夏休み短期キャバクラアルバイトのメリット

・即日採用、体験入店ですぐに働ける
他のアルバイトのように面接をしてから採用結果が出るのに時間がかかっていたら、あっという間に夏休みが終わってしまいます。キャバクラは即日働けるお店が多いので、時間を有効に使えます。

・シフトの自由度が高い
お店にもよりますが、キャバクラのシフトは比較的自由度が高いので、遊びの予定と調節しながら働くことができます。

・高時給
キャバクラアルバイトの最大の魅力が高時給ということだと思います。時給はお店のグレードやシステムによってまったく異なりますが、安くても2~3,000円からスタートします。学生の平均アルバイト時給は1,000~1,100円ですから倍以上の時給になります。プラス、ドリンクや指名にロイヤリティがつきます。

・即日払い
せっかくの夏休みですから、お金が無くてやりたいことができないなんてことがないように。キャバクラなら即日払いOKのお店がありますので、夏休みを充実させることができます。

・コミュニケーションの勉強、社会勉強ができる
様々なお客様と接するので、コミュニケーションの勉強になります。また、世代や業種など様々なお客様が訪れるので、社会勉強にもなります。


◎ 夏休み短期キャバクラアルバイトのデメリット
・仕事が覚えられない
未経験者でも簡単に採用されるキャバ嬢ですが、お店のルールや仕事の仕方など、最初に覚えることがたくさんあります。そして、様々なお客様に対応する接客スキルが必要です。夏休みだけ、短期間のアルバイトではそういったことを覚えられないまま期間を終えてしまいます。

・仕事の楽しさが分からない
簡単に稼げそうなキャバクラのお仕事ですが、実際は覚えることややる事もたくさんあります。短期間のアルバイトでは仕事の楽しさを感じることも無いままに期間を終えてしまいます。

・雇われにくい
仕事を覚える前にやめてしまうので、お店によっては短期限定の応募を採用しない場合もあります。夏休みだけ働きたいと応募するより、「夏休みは集中してシフトに入って、その後は週に1~2回ずつ様子を見ながら働きたい。」などと応募すると、採用されやすくなります。

・時期や場所により客入りが少ない
キャバクラの一番の稼ぎ時は年末年始を含む冬休みです。夏休み中は、お盆や旅行、他のレジャーにお金を使う人が多いので客入りは若干減ります。

・夜型の生活、キャバ嬢の生活にそまってしまう
夜型の生活や自由で華やかなキャバ嬢の生活に染まって抜け出せなくなる場合も多いようです。

・金銭感覚が狂ってしまう
収入が上がって好きなものが買えるようになったり、ちょっとした贅沢を覚えたりすると、そこから昔の金欠状態に戻りたくなくなってしまいます。物欲が増し、それに伴って金銭感覚が狂ってしまう場合もあるようです。


キャバクラで夏休みの短期アルバイトをするメリット・デメリットはいかがでしたでしょうか?デメリットがあっても、それをわかっていれば自分の望む働き方ができるようになります。ぜひ、メリット・デメリットを参考にして夏休みを楽しく過ごす計画を立ててみてください。


コラム1:キャバ嬢になるために



よくある質問掲載に関するお問い合わせ運営会社エリア別求人特徴キャバクラ求人情報 TOP