モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢になるために

コラム1.まず最初に ~キャバ嬢になるために~

コラムトップ1

 

32.面接・体験入店ではキャバクラ店内の内装チェックを忘れずに!


面接や体験入店のとき、お店の人に自分が働けるかを判断してもらうのと同時に、自分もこのお店で働けるか?という判断をしなければなりません。その判断基準として、お店の立地や勤務条件、給料や待遇、スタッフやキャストの雰囲気なんかをポイントとしてみることが多いのではないのでしょうか。でも、本当にそれだけで大丈夫ですか?実は、働くうえでもう1つ大切なことがあります。それは、どんな環境で働くかということ。お店の作り、間取り、広さ、外装、内装、設備などの環境です。働き始めてから「想像と違った…」と後悔しないために、今回はいつもとちょっと違った視点で、働くお店を選ぶポイントをご紹介します。


◎ 店の内装や装飾で分かる客層
店の内装や装飾は客層に比例します。ゴージャスな装飾があったり清掃が行き届いているほど、それに見合ったお客様が来店します。観葉植物やお花がキレイに飾られていたり、家具や調度品、照明が品良く、キレイなお店ほどお客廻りが良い証拠になります。ソファがボロボロだったりするのは、買い換える余裕がないから?かもしれません。


◎ トイレや水周りをチェック
汚れやすいトイレやキッチンの清掃が行き届いていないお店は、スタッフの働きが悪い店かもしれません。お客様への飲食物を提供するキッチンやお客様も使用するトイレが汚れていては、お店としてお客様に気持ちよく過ごしていただくことができません。お客様のことを考えられていないお店に、お客様が集まるでしょうか?お客様が集まらないお店では、女の子の給料も期待できないかもしれません。


◎ 更衣室、待機室
多くの場合は更衣室と待機室は同じ場所ですが、一人が着替えるのでせいいっぱいな広さしかない場合もあります。または、更衣室すらなく、トイレやどこか物陰で着替えなければならない場合もあります。自宅からメイクをして出勤できるなら良いのですが、Wワークなどでお店に入ってからメイクをしたい場合もあると思います。そんな方はメイクする場所があることを確認する事もポイントとなります。また、更衣室・待機室に物が散乱しているのは私物管理でキャスト同士のトラブルの元になる場合もあります。更衣室・待機室に問題がある場合、キャスト同士の居心地の悪さを感じるかもしれません。


◎ 照明の明るさ
お店の照明で、女の子の売り上げが変わることもあります。女優さんが照明を大切にするように、照明ひとつで顔の印象が変わるからです。照明の選び方次第で、肌がきれいに見えたり、全体の雰囲気に温かみを持たせたりといったことができます。青白い光は肌を色白く不健康に見せてしまったり、暗すぎる照明は顔のシミやシワを目立ちやすくさせてしまったりします。女の子をキレイに見せてくれる、照明や工夫のあるお店の方がお客様の印象がアップします。


◎ 内装チェックで分かるお店の本当の姿
面接や体験入店で初めて訪れるお店。スタッフもキャストも、最初は良い顔をして、良いことしか言わないかもしれません。でも、お店の作り、間取り、広さ、外装、内装、設備などの環境は嘘を言えません。面接や体験入店の時には、お店の中を見回してみましょう。


コラム1:キャバ嬢になるために