モバイルで検索
マイリスト一覧


TOP » キャバクラコラムトップ » キャバ嬢になるために

コラム1.まず最初に ~キャバ嬢になるために~

コラムトップ1

 

29.30代、40代、50代のキャバ嬢デビューの不安


姉キャバや熟女キャバクラブームの中、姉キャバや熟女キャバクラの求人に応募したいと考える30代、40代、50代女性は増えてきています。でも、「いまさらキャバ嬢デビューなんて…」と尻込みしている方も多いのではないでしょうか?特にキャバ嬢未経験者には、今の年齢でキャバ嬢デビューすることへの不安は大きいはずです。
おそらく、今までの常識にはなかった30代、40代、50代のキャバ嬢デビュー。正直どうなの?と気になっている方は多いはずです。


◎ どうやって30代、40代、50代でキャバ嬢になるの?
姉キャバや熟女キャバクラで働くキャバ嬢には、10代、20代からキャバ嬢一筋で働いている方、過去にキャバ嬢経験があってカムバックしてきた方、まったくの初心者で30代、40代、50代でキャバ嬢デビューする方がいます。朝キャバや昼キャバが誕生して昼間にキャバ嬢をする主婦も増えるぐらい、キャバ嬢が一般的なアルバイトになってきているので、30代、40代、50代でキャバ嬢デビューする方も多くなってきています。求人情報からの応募だけでなく、スカウトされるケースも多いようです。


◎ 30代、40代、50代キャバ嬢の不安
30代、40代、50代キャバ嬢の不安といえば、一番は年齢ではないでしょうか?
20代半ばから肌や髪質の変化を感じ、30代になると衰えに気づき始め、40代には衰えとどう付き合うかを考えるようになっていきます。肌のハリや柔らかさ、髪のツヤ、セクシーな衣装が似合う体系、肉体的な疲れやすさなど、若い頃には普通にあったものが年とともに失われてしまいます。
キャバ嬢であっても、キャバ嬢でなくても、女性であれば年齢との付き合い方に不安はつきものですが、キャバ嬢というのは「女性」を売りにするものですから、加齢による身体の変化に自信をなくしてしまう方は多いはずです。
さらに追い討ちをかけるのが、キャバ嬢=若い女の子、男性が好きな女性=若い女の子、という一般的なイメージです。このイメージがあると、どうしても10代・20代キャバ嬢と自分の年齢を比較してしまいます。


◎ 年齢は障害になる?
10代、20代のキャバ嬢と比較してしまうと見た目の衰えを感じてしまう方は多いかもしれません。10代、20代が多いキャバクラの中で、一人だけ30代、40代、50代のキャバ嬢が混じっていたら年齢の違いが目立ってしまうかもしれませんね。でも、姉キャバや熟女キャバクラなら、お店のコンセプトにより年齢層が様々なので、自分の年齢にあったコンセプトのお店に行けば周囲との比較もありませんから、年齢を気にする必要はありません。


◎ 年齢を生かせる姉キャバ・熟女キャバクラ
一般的に、男性は若い女性を求めるイメージがありましたが、正直そういった男性ばかりではありません。若い子とは話が合わない・ノリが合わないとギャップを感じていたり、モノを知らない、礼儀を知らないと、その場の居心地の悪さを感じているお客様は大勢います。さらに、キャバクラに来るお客様は成人以上で上の年齢には制限がありません。70代、80代のお客様と10代、20代のキャバ嬢では全てが違ってしまうのです。
そこで求められるのが、大人の会話や接し方ができる30代、40代、50代のキャバ嬢なのです。姉キャバや熟女キャバクラに来るお客様は若い女の子と過ごしたいのではなく、ある程度落ち着きのある年を重ねた女性と過ごしたいと思っているのです。


コラム1:キャバ嬢になるために